育毛剤

育毛剤はどれが本当に良いの?

抜け毛が発展して行き、薄毛やハゲと言われる状態になりますが、本当に世界で認められている発毛・育毛成分は、ほんの少ししかありません

その数少ない1つが、アメリカ食品医薬品局FDAも認める、ミノキシジルです。
(※アメリカ食品医薬品局FDAとは、医薬の販売許可や安全性等を調べる機関の事)

ミノキシジルには血管拡張作用があり、全身の血流がスムーズになる為、高血圧の患者の血圧を低下させる為に使われていて、患者達から毛が濃くなる、増えるという報告から発見された成分です。

世界中で確固たる地位を確立しており、発毛剤で有名な大正製薬リアップ(第1類医薬品)も、FDAが認めるミノキシジルを配合する事が、最大の特徴となってます。

つまり、配合していないものは、育毛剤として単なる誤魔化しにすぎず、選んではいけないという事。

育毛剤の選び方、本当に良いのはどれ?

では何故、世界が認めるのに、配合していない製品が大半を占めるのでしょうか?

理由は簡単で、原材料として非常に高価という事に加え、買い占めをされてる為に入手が困難で、継続的に製造する事が難しいからです。

入手が出来ないメーカーは、ミノキシジルには副作用があるから危険、もっと別の成分が良いですよ等と、徹底的に誤魔化します。

確かに、濃度でパワーが変わる為、一応副作用を考慮に入れ、日本では5%までと配合量が決められています。

しかし、因果関係が立証されていない為、副作用は真実ではありません、これが事実。

ですが、心配な要素には違いない為、副作用部分だけを取り除いた、より高価な成分が存在します。

ビディオキシジルと呼ばれ、これを5%ずつ配合し、育毛剤より優れたアイテムがあります