トランプ・ブラックジャックのルールとやり方を画像付きで徹底解説

▼カジノゲーム ブラックジャックとは?

ブラックジャックゲームは、親(ディーラー)自分(プレイヤー)と1対1で勝負する、手持ち2枚からスタートし、合計数字が「21」に近い方が勝ちとなる、カードゲームです。

ブラックジャックテーブルに、何人のプレイヤーがいても関係無く、勝負は自分とディーラーの間で行なわれます。

ブラックジャックのルール

配られるカードの合計数字が「21」に近い方が、勝ちとなります。

合計が「21」を越えてしまう事を「バースト」呼び、無条件で負けが確定してしまいます。

ブラックジャックとは役の名前で、「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」の組み合わせの事を言います。

合計が21となり、ナチュラルとも呼ばれます。

※使用するのは、ジョーカーを除く52枚。

ブラックジャックの基本ルール・数の数え方

「2」~「10」は、そのままカウントします。

「J」「Q」「K」は、「10」とカウントします。

「A」は「1」か「11」、どちらでカウントするか、自分で決められます

※「A」を1と数える場合、又は「A」を含まない手を、ハードハンドと呼びます。

※「A」を11と数える場合を、ソフトハンドと呼びます。

ブラックジャックのルール・勝敗決定

必ず自分の手から確定させていくので、21を越えた場合は、バースト(バスト)と呼び、無条件で負けが確定。

ディーラーもバーストしても、先に負けが確定してる為、引き分けにはなりません。

ブラックジャック(「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」と、3枚以上で合計「21」を使った場合では、ブラックジャックが勝ちます。

お互いがブラックジャックの場合は、引き分け(プッシュ)となり、賭け金はそのまま返金されます。

ブラックジャックのルール・配当

▼勝ちの場合
賭け金と同額の配当がもらえます。
※カジノでは1倍、もしくは1:1と表記されています。

▼ブラックジャックで勝った場合
賭け金の2.5倍の配当がもらえます。
※カジノでは1.5倍と表記されています。

▼引き分け(プッシュ)の場合
賭け金は、そのまま返金されます。

ブラックジャックのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方1

ブラックジャックのテーブルに空きがあれば、いつでも自由に座って、勝負を開始出来ます。

テーブルの前にある座席が空いていなくても、チップを賭けられる、バックベットと呼ばれる賭け方もありますが、詳しくは後述します。

ブラックジャックを止めたい場合は、席を自由に離れて大丈夫です。特に決まりはありません。

ブラックジャックのテーブルには、下記のようなシートがあり、目の前に用意されてるボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置くと、ゲームが開始されます。

最初に2枚(1枚はオープン)が配られ、伏せられてる方を自分で確認しながら、追加カードを引きたい場合は、ヒット(追加)していきます。

追加したい場合は、声に出してヒットと言うか、テーブルを軽くトントンと叩けば、ディーラーが配ってくれます。

21を越えなければ、何度ヒットしても構いません



そして、必ず自分の手から確定させていくので、バーストした場合は、その場で負けが確定します。

この手で確定して、ディーラーと勝負する場合は、声に出してスタンドや、ステイ、ノーモアと言うか、テーブルの上で「手のひらを下にして左右に振れば確定」します。

ブラックジャックのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方2

ディーラーには「16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールが存在します。

このルールがあるおかげで、ディーラーがバーストする確率が、やや高くなってます。

ブラックジャックのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方3

最初の2枚が配られた時に、カードを追加するだけでなく、以下の5種類の選択肢を選ぶ戦略もあるので、詳しく解説していきます。

▼1、ダブルダウン(ダブル)
ダブルダウンとは、次に1枚だけ追加を引くという約束で、最初に賭けたチップと同額を、追加で賭けられます

やり方は、ダブルやダブルダウンと言い、追加チップをボックスに置くだけです。

※ただし、ブラックジャックが完成してる場合、ダブルダウンは出来ません。

▼2、スプリット
スプリットとは、最初の2枚がゾロ目(同じ数)だった場合のみ、最初に賭けたチップと同額を追加ベットすれば、カード(ハンドという)を2つに分けられる戦略です。

2ハンドそれぞれで勝負出来る為、勝てば大きなリターンが得られます。

やり方は、スプリットと言って、追加チップを置きます。

「A」のスプリットの場合、ほとんどのカジノで、追加は1枚だけしか引けません

※リスプリット
スプリットした後のカードが、ゾロ目になった場合は、さらにスプリット出来る戦略で、最大3回まで可能です。

ただし、「A」の場合は1回のみ、又は認められていない場合もあります。

さらに、スプリット後のダブルダウンも、認められていない場合もあります。

▼3、サレンダー
自分のカードが弱いと思った時は、最初に賭けたチップの半額を差し出し、勝負を降りる戦略です。

負け分を半分に減らせますが、認められてるカジノは多くありません。

そして、ディーラーの1枚目が「A」の場合は、サレンダー不可もある為、各カジノで確認してください。

やり方は、サレンダーと言って、半額を払い戻してもらいます。

▼4、インシュランス
ディーラーの1枚目が「A」だった場合、最初に賭けたチップの半額を保険として賭け、ディーラーがブラックジャックになった場合は、2.5倍(カジノでは1.5倍という)の配当がもらえる戦略です。

この為、もし負けてもインシュランスリターンが2倍あるので、差し引きゼロとなって保険分も戻ってきます。たとえ負けても、プラマイゼロに出来る、まさしく保険です。

ディーラーがブラックジャックにならなかった場合は、保険分は没収されます。

やり方は、インシュランスと言って、インシュランスの枠にチップを置きます。

▼5、イーブンマネー
自分にブラックジャックが出来た時に、2倍(カジノでは1倍という)の配当をもらう事を、無条件に確定させる戦略です。

通常ブラックジャックで勝った場合は、2.5倍の配当がもらえるけれど、ディーラーもブラックジャックだった場合は、引き分けで配当がありません。

この引き分けになって配当ゼロを避ける為、0.5倍分が少なくなっても、賭けた分と同額の配当を、確実に取りにいきたい場合に使います。

やり方は、イーブンマネーと言うだけです。

ブラックジャックのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方4

ブラックジャックのテーブルに空きが無い場合、前に座ってる人のボックス(枠線)を使ってチップを賭ける方法を、バックベットと言います。

席に座っている人の後ろから手を伸ばし、チップを置いていきますが、他人のチップに重ねてはいけません。横に並べて置きましょう

バックベットにはカジノによって、ちょっと恐ろしいルールがあります。

それは、バックベットされた場合、賭け金が多い方にヒットやステイ等、次の行動を決める権利が与えられる場合がある事。

ただし、バックベットを認めているかどうかは、各カジノによって違う為、絶対に確認が必要です。

オンラインブラックジャックで勝負しましょう

完全日本語対応&サポートも日本語で受けられ、入金にはクレジットカードが使え、スマホ・タブレットにも完全対応!

日本人が英語に悩まされる事無く、安心して遊べるオンラインブラックジャックのみ厳選して紹介!

◆エンパイア

・特徴
生中継で美女ディーラーと勝負する、ライブディーラーに最も力を入れている為、ブラックジャック、バカラ、カジノホールデム、ルーレット、シックボー等のディーラーと勝負するゲームが好きな方に、最もオススメです。

圧倒的な人数が在籍しているので、相性が良い、見た目が好み等で選べます。

◆カジクラ

・特徴
ここも美女と勝負する、ライブディーラーに力を入れていて、勝った金額を、クレジットカードへ出金出来るというのも、魅力のオンラインブラックジャックです。