ブラックジャック・ポンツーンのルールとやり方を画像付きで徹底解説

▼カジノゲーム ポンツーンとは?

ポンツーンは、親(ディーラー)自分(プレイヤー)と1対1で勝負する、手持ち2枚からスタートし、合計数字が「21」に近い方が勝ちとなる、カードゲームです。

ポンツーンテーブルに、何人のプレイヤーがいても関係無く、勝負は自分とディーラーの間で行なわれます。

ポンツーンは、イギリス版のブラックジャックの事ですが、大きくルールが違うので、まったく別のゲームと考えてください。

最も大きな違いは「ディーラーのカードが、勝負するまで見えない」事と、「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」の組み合わせの事を、ブラックジャックではなく、ポンツーンと呼ぶ事です。

さらに、インシュランス(保険)もありません。

ポンツーンのルール

配られるカードの合計数字が「21」に近い方が、勝ちとなります。

ただし、最初の2枚が配られた時点で、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点でポンツーンだった場合は、プレイヤーの負けとなります。


ポンツーンとは役の名前で、「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」の組み合わせの事を言います。

合計が「21」を越えてしまう事を「バースト」呼び、無条件で負けが確定してしまいます。

※使用するのは、ジョーカーを除く52枚。

ポンツーンの基本ルール・数の数え方

「2」~「10」は、そのままカウントします。

「J」「Q」「K」は、「10」とカウントします。

「A」は「1」か「11」、どちらでカウントするか、自分で決められます

※「A」を1と数える場合、又は「A」を含まない手を、ハードハンドと呼びます。

※「A」を11と数える場合を、ソフトハンドと呼びます。

ポンツーンのルール・役と勝敗決定

最初の2枚が配られた時点で、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点でポンツーンだった場合は、プレイヤーの負けとなります。

21を越えた場合は、バースト(バスト)と呼び、負けが確定。

引き分けの場合は、無条件でディーラーの勝ちとなります。

ポンツーンは全てに勝つ役ですが、これも引き分けの場合は、ディーラーの勝ちとなります。

そして、カードを合計5枚まで引いて、合計が「21以下」の場合は、ファイブカードトリック(5カードトリック)という役になり、ポンツーン以外に全て勝ちます。

ポンツーンのルール・配当

▼勝ちの場合
賭け金と同額の配当がもらえます。
※カジノでは1倍、もしくは1:1と表記されています。

▼ポンツーンで勝った場合
賭け金の3倍の配当がもらえます。
※カジノでは2倍と表記されています。

▼ファイブカードトリックで勝った場合
賭け金の3倍の配当がもらえます。

ポンツーンのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方1

ポンツーンのテーブルに空きがあれば、いつでも自由に座って、勝負を開始出来ます。

ポンツーンを止めたい場合は、席を自由に離れて大丈夫です。特に決まりはありません。

ポンツーンのテーブルには、下記のようなシートがあり、目の前に用意されてるボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置くと、ゲームが開始されます。

最初に2枚が配られ、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点でポンツーンだった場合は、プレイヤーの負けとなります。

違った場合は、自分のカードを確認し、追加カードを引きたい場合は、ツイスト又はヒットと言うか、テーブルを軽くトントンと叩けば、ディーラーが配ってくれます。

21を越えなければ、合計5枚までツイスト(追加)可能

ただし、合計が「14以下」の場合は、「15以上」になるまで、強制的にツイストされるので要注意。

この手で確定して、ディーラーと勝負する場合は、声に出してスティックや、スタンド、ステイ、ノーモアと言うか、テーブルの上で「手のひらを下にして左右に振れば確定」します。

ポンツーンのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方2

ディーラーには、以下の2つのルールが存在します。

▼1、ソフトハンドの場合
「A」を11と数える場合を、ソフトハンドと呼び、この状態で合計が「17以下」の場合は、強制的にツイスト(追加)されます。

▼2、ハードハンドの場合
ハンドに「Aを含まない」状態で、合計が「17以上」の場合は、強制スティック(勝負開始)されます。

ポンツーンのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方3

最初の2枚が配られた時に、カードを追加するだけでなく、以下の2種類の選択肢を選ぶ戦略もあるので、詳しく解説していきます。

▼1、バイ
バイとは、最初に賭けたチップと同額を、追加ベットする戦略です。ハンドが4枚以下であれば、いつでも1回だけ可能です。

やり方は、バイと言い、追加チップをボックスに置くだけです。

※バイした後も、バーストするまで、最高合計5枚までツイストする事が出来ます

▼2、スプリット
スプリットとは、最初の2枚がゾロ目(同じ数)だった場合のみ、最初に賭けたチップと同額を追加ベットすれば、カード(ハンドという)を2つに分けられる戦略です。

2ハンドそれぞれで勝負出来る為、勝てば大きなリターンが得られます。

やり方は、スプリットと言って、追加チップを置きます。

ただし「A」の場合は、認められていない場合もあります。

※リスプリット
スプリットした後のカードが、ゾロ目になった場合は、さらにスプリット出来る戦略で、1回だけ可能です。

オンラインポンツーンで勝負しましょう

完全日本語対応&サポートも日本語で受けられ、入金にはクレジットカードが使え、スマホ・タブレットにも完全対応!

日本人が英語に悩まされる事無く、安心して遊べるオンラインポンツーンのみ厳選して紹介!

◆カジクラ

・特徴
美女と勝負する、ライブディーラーに力を入れていて、勝った金額を、クレジットカードへ出金出来るというのも魅力です。

◆ベラジョン

・特徴
ポンツーン等のテーブルゲームに力を入れていて、ライブディーラーもあるので、美女と勝負する事も可能です。