カリビアンスタッドポーカーのルールとやり方を画像付きで徹底解説

▼カリビアンスタッドポーカーとは?

カリビアンスタッドポーカーは、親(ディーラー)自分(プレイヤー)と1対1で勝負する、配られた5枚のカードで手役が強い方が勝ちとなる、カードゲームです。

カリビアンスタッドポーカーテーブルに、何人のプレイヤーがいても関係無く、勝負は自分とディーラーの間で行なわれます。

最初に配られたカードのみで勝負する事になるので、交換や追加で手役を作るといった戦略は使えません。

完全に運任せなのが、カリビアンスタッドポーカーの特徴です。

カリビアンスタッドポーカーのルール

配られた5枚のカードの中で、手役が強い方が勝ちとなります。

使用するのは、ジョーカーを除く52枚(Aが1番強く、2が1番弱い)。

そして、ディーラーには「ワンペア以上、もしくはノーペアであっても、AとKの両方を1枚以上持ってる場合は、必ず勝負する」というルールが存在します。

この為、自分がノーペアであっても勝つ可能性があります。

反対に、「ノーペアであり、かつAとKの両方を持っていない場合、ディーラーは必ず勝負を降りる」事になるので、この時点で勝ちが確定します。

カリビアンスタッドポーカーのルール・ゲームの流れと、チップの賭け方

カリビアンスタッドポーカーのテーブルに空きがあれば、いつでも自由に座って、勝負を開始出来ます。

カリビアンスタッドポーカーを止めたい場合は、席を自由に離れて大丈夫です。特に決まりはありません。

カリビアンスタッドポーカーのテーブルには、下記のようなシートがあり、アンティ(ANTE)と書かれたボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置くと、ゲームが開始されます。

5枚ずつ伏せて配られますが、ディーラーだけ1枚がオープンされた状態で配られます。

自分のカードを確認し、勝負したい場合は、ベット(BET)又はレイズ(RAISE)又はコール(CALL)と書かれたボックスの上に、カードを伏せて置きます

その上に、アンティに賭けた2倍のチップを置きます。アンティが1$なら、2$を追加しなければいけません。

降りる場合(ホールド又はフォールド)は、ディーラーへカードを返し、アンティは没収されます。

カリビアンスタッドポーカーのルール・基本配当

勝った場合は、アンティの2倍と、ベット額×手役の倍数分が支払われます。

アンティ1$を賭けたら2$が戻り、ベット2$なら、ここに手役の倍数をかけた額が払い戻されます。

ただし、ディーラーが勝負を降りた場合は、どんなに高い手役が出来ていても、アンティの2倍だけしか支払われず、ベット額はそのまま戻ってきます。

非常に残念で、悔しいし、腹が立ちますよね。

カリビアンスタッドポーカーには、これを回避する為に、ジャックポットというシステムが用意されています。

カリビアンスタッドポーカーのルール・ジャックポット

ジャックポット用として一定額を賭ける事で、規定の手役が出来た場合に、勝敗に関係無くジャックポットから賞金が支払われます。

やり方は、カードが配られる前までに、ジャックポット用の枠等に、チップを置くだけです。

置く場所は、ジャックポットと書かれていたり、赤く光っていたりと、カジノによって違うので、確認が必要です。

ジャックポットの賞金額がどれほど貯まっているか、必ず表示されているので、確認しておきましょう。

▼ジャックポットを獲得する条件

スリー・オブ・ア・カインド以上や、フラッシュ以上等、カジノによって役の基準が違うので、確認が必要です。

ロイヤルストレートフラッシュは、ほとんどどこでもジャックポット全額がもらえます。

カリビアンスタッドポーカーのルール・役の強さと出る確率・配当

一番弱い役から、強い役へ向かって紹介していきます。

役の名前の横に、「~倍」と配当を表記しますが、イメージしやすいように、カジノでの表記とは違う表記になっています。

カジノでは、賭け金の倍額の配当の事を「1倍」と呼びますが、イメージしやすいよう「2倍」と表記しています。

配当の横に「~%」で、その役が出る確率を表記しています。

▼ハイカード(2倍)
ノーペアだった場合に、強いカード(Aが1番強く、2が1番弱い)から順番に比較して、高い方が勝ちとなります。

※ただし、ディーラーにはAとKが必ずあるので、これ以降の数字で高い方が勝ちます。下の例は、上が勝ちとなります。


▼ワンペア(2倍、42.25%)
同じ数字2枚

▼ツーペア(3倍、4.75%)
ワンペアが2つ

▼スリー・オブ・ア・カインド(4倍、2.1%)
同じ数字3枚。※海外ではスリーカードと呼ばないので要注意。

▼ストレート(5倍、0. 39%)
連続した5つの数字で、スペード等のマーク(スーツ)は、問いません
※ただし、最後はAまでで、K、A、2という並びは成立しません。

▼フラッシュ(6倍、0. 20%)
同じマークを5枚、数字は問いません

▼フルハウス(8倍、0.14%)
ワンペアと、スリーカードの組み合わせ

▼フォー・オブ・ア・カインド(21倍、0. 024%)
同じ数字4枚。※海外ではフォーカードと呼ばないので要注意。

▼ストレートフラッシュ(51倍、0.0015%)
同じマークでのストレート

▼ロイヤルストレートフラッシュ(101倍、0.0015%)
同じマークで「10、J、Q、K、A」の組み合わせ

カリビアンスタッドポーカーの控除率(ハウスエッジ)

控除率とは「賭けに対して、どれだけの手数料を取られるか」を示す割合の事で、ハウスエッジとも呼ばれています。

カリビアンスタッドポーカーの控除率は、約5%です。

オンラインカリビアンスタッドポーカーで勝負しましょう

完全日本語対応&サポートも日本語で受けられ、入金にはクレジットカードが使え、スマホ・タブレットにも完全対応!

日本人が英語に悩まされる事無く、安心して遊べるオンラインカリビアンスタッドポーカーのみ厳選して紹介!

◆カジクラ

・特徴
美女と勝負する、ライブディーラーに力を入れていて、勝った金額を、クレジットカードへ出金出来るというのも魅力です。

◆ベラジョン

・特徴
カリビアンスタッドポーカー等のテーブルゲームに力を入れていて、ライブディーラーもあるので、美女と勝負する事も可能です。