フィリピン・マクタン島カジノの遊び方や服装等の特徴やホテルも徹底解説

フィリピン・マクタン島カジノの人気ゲームはバカラポンツーンブラックジャック、そしてスロットとなってます。

フィリピン・マクタン島カジノホテル一覧

◆ウォーターフロントエアポートホテルアンドカジノマクタン

◆場所・住所:1 Airport Road, Lapu-Lapu City, Cebu, 6015 Philippines

詳しくは>>ウォーターフロントエアポートホテルアンドカジノマクタン

マクタン島カジノの入場料は?

無料となってるので、一切入場料はかかりません

マクタン島カジノの服装(ドレスコード)は?

マクタン島カジノの服装(ドレスコード)は、男性は襟付きのシャツ、もしくはジャケット、女性はワンピース等を着用するのが目安です。

かかとがないスリッパやサンダル、短パンはマナー違反として、入場を断られる事もあるので、避けた方が無難です。

帽子やサングラス、ロングコートや大きなバッグ等は、マクタン島カジノのルールとして、イカサマ防止の為に禁止されています。

マクタン島カジノの年齢制限と年齢確認方法は?

21歳以上でなければ、入場出来ません

入口でパスポートのチェックがあるので、パスポートを忘れても入場出来ないので、忘れずに持って行きましょう。

マクタン島カジノで、クレジットカードは使える?

VISAカードやMASTERカードであれば使えますが、JCBカードは使えない場合が多いので、事前にJCBに確認してください。

マクタン島カジノの両替レート(換金)は?

マクタン島カジノ内で使える通貨はUSドルとペソで、両替は空港かマクタン島カジノ内で行なっても、そこまで悪くありません

レートが良い両替商を探す手間を考えれば、便利に使えます。不正を行なう場所もあるので、注意が必要です。

マクタン島カジノの営業時間は?

24時間営業なので、到着時間を気にせず、とことん遊べます。

マクタン島カジノのチップマナーは?

マクタン島カジノでは、従業員やディーラーにチップを渡します。大きく勝った時にディーラーへ、賭け金の1割から2割を渡しましょう。

マクタン島カジノの予算、お金はいくらぐらい必要?

初めて体験する方や、初心者の方は気になると思いますが、どのくらい遊びたいか、どんなゲームで遊びたいかで、予算は大きく変わります。

初心者で体験してみたいのなら、最低1万円以上は持っていきましょう。

マクタン島カジノのミニマムベットはいくら?

バカラや等のテーブルゲームは、ミニマムベット(最低ベット)200~300PHP(ペソ)からとなってます。

ルーレットはミニマムベット(最低ベット)100PHP(ペソ)からとなってます。

スロットマシンは、ミニマムベット1PHP(ペソ)からとなってます。

マクタン島カジノで、たばこは吸えるの?

マクタン島カジノでは、全面禁煙となってます。喫煙OKな場所で吸いましょう。

マクタン島カジノの税金

現地で税金が引かれる事はありませんが、日本では50万円以上のギャンブル収入は、一時所得として確定申告の義務があるので、必ず確定申告をしましょう。

マクタン島カジノで発行してもらえる、両替証明書を必ずもらっておきましょう。

マクタン島カジノも良いけど、オンラインで勝負しましょう

完全日本語対応&サポートも日本語で受けられ、入金にはクレジットカードが使え、スマホ・タブレットにも完全対応!

日本人が英語に悩まされる事無く、安心して遊べるオンラインのみ厳選して紹介!

◆エンパイア

・特徴
生中継で美女ディーラーと勝負する、ライブディーラーに最も力を入れている為、バカラ、ブラックジャック、カジノホールデム、ルーレット、シックボー等のディーラーと勝負するゲームが好きな方に、最もオススメのオンラインカジノです。

バカラだけでも、50テーブル以上用意されてるほど、圧倒的な人数が在籍しているので、相性が良い、見た目が好み等で選べます。

◆ベラジョン

・特徴
美女と勝負するライブディーラーの充実に加え、スロットでのジャックポット(大当たり)が有名で、スロット好きにも人気があるのがベラジョンです。

2016年1月19日には、日本人が日本円にして約2億1400万を超える、超メガジャックポットも出ています。

数十~数百万のジャックポットなら、バンバン出ているので、スロット好きにオススメなオンラインカジノ。